飼い主と犬

犬だって椎間板ヘルニアになります|見違える程元気になる治療

ミックス犬の中でも大人気

ドッグ

人気犬種二つを掛け合わせたチワプーは、ミックス犬の中でも大人気になっています。トイプードルの落ち着いた性格を受け継いでいることも多いので飼いやすいですが、トイレなどのしつけは大切です。ブリーダーから常に情報を仕入れることが、確実に手に入れるための近道です。

ヘルニアを防ぐには

獣医

椎間板の変形は治るのか

椎間板ヘルニアは椎間板物質線維が管内で変形し精髄を圧迫久することによって発症する脊髄疾患です。主な症状は、後肢の麻痺、膀胱麻痺、神経圧迫による痛みなどでぎっくり腰に似た症状が出ます。発症した部位や障害の程度によって異なりますが、比較的ダックスフンドやコーギーなど胴長の犬に多く見られる病気です。原因としては軟骨栄養性犬などは遺伝的に椎間板ヘルニアを誘発する素因を持っていて発症リスクが高いの特徴です。また犬種に関係なく、階段の上り下りや肥満など背骨に負担がかかり、加齢とともに椎間板は変形してくるので5歳以降での犬種の発症も多く見られます。椎間板ヘルニアの治療は周囲骨構造の特徴やグレードで変わってきますが、まず歩行の観察と触診、レントゲンとCT検査で背中のどの部分に負荷がかかっているか診察します。治療方法の選択では、重要な基礎項目で進行度の判断が行われます。椎間板ヘルニアの手術では、脊髄を圧迫する椎間板物質の除去が目的です。ですが必ず外科治療が必要なわけではありません。重症度や飼い主の治療選択の意思、犬の年齢や状態によって内科治療やリハビリなど選択は変わってきます。一般的に痛みや起立歩行可能な麻痺が見られた場合は、内科的治療が可能です。手術では負担の少ない半導体レーザー治療などもあります。症状が重症であるほど細かい手術操作が要求されますが、正しく正確に実施すれば良好な予後が得られます。また椎間板ヘルニアは出来るだけ早く圧迫を解除しないと神経の麻痺が残る可能性があります。犬が突然鳴きだしたり、いつもと違う歩行や症状が見られたら、椎間板ヘルニアを疑ってください。見違える程元気になる治療を受けましょう。

ペットとの別れ

御骨

ペット火葬は、専用の火葬場または火葬車でおこなわれます。前者の場合、個別火葬と合同火葬とを選択できます。後者の場合、自宅前などで個別で火葬してもらえます。ペット火葬後の骨は、自宅に持ち帰ることもできますが、ペット霊園に個別または合同で納骨することもできます。いずれの場合も管理や供養がおこなわれます。

楽しく散歩に行くためには

プードル

ティーカッププードルは極めて小さい体のため、特に低血糖には気を付けましょう。散歩は食事をしっかりとった後に行くようにしましょう。また、食が細い犬は散歩中に低血糖の症状が起きやすいので、砂糖水などを持ち歩くといいでしょう。散歩が好きな犬種なので、出来れば毎日30分程度の散歩に行くことが望ましいです。